読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新入入社した会社を退職しました

この度、新入入社した会社を退職致しました。

 

5年勤めましたが、3年目から職務内容、責務と私の技量とに

不一致が見られ、何ともチグハグに留めたシャツを毎日着ている気分でした。

 

社員の方、職場の雰囲気は、この上無く良かったですが、

仕事への拘束時間が多く、仕事が残れば、毎日深夜残業、加えて当然の

ように休日出勤になることに嫌気が差し、限界が来て、退職を申し出ました。

(まぁ仕事が残っているなら、納期に間に合わせることは当然ですが・・・)

 

これからのことは未確定ですが、しばらくは

ネットで稼ぐ手段を模索します。

 

毎日、お金を消費しなければならないのに、

固定収入が入らないということは、考えると恐ろしく

同時に身が引き締まる思いになります。

 

会社にいたころとは違うプレッシャーで

こちらの方が生きている実感が湧きます。

 

会社にいるときは、いつも仕事をすることと上司から

怒られることを恐れており、

これは自分の人生なのか?会社(社長)の人生なのか?

見境がつかなくなっていました。

 

最終的に、「これは私の人生じゃないな、生きている気が

しない、人生は自分のもので会社のものではない」

 

私の尊敬する人物の言葉を借りると

「人生の本質は自己満足。」であると結論づけました。

 

本心では思っていても、それを実行に移さないといけない。

思うことと、実際に実行するということは

全く別次元の話で、退職には苦労しました。

 

社長には申し入れるが、次の場所がない・・等

色々言われて、止められました(正確には丸め込まれました)

 

建前上の理由を苦労しながら考え、次の会社でこのようなことが

したという旨を伝え、了承して貰いました。

 

やっと肩の荷が降りた気分です。今日は

日曜日ですが、休日出勤する同僚が多くいます。

 

横目でそれを見ながら、会社にいれば安定した収入を

確保できる一方で自由時間を拘束され続けるか、

又は自由だが不安定収入を自分で得られる環境を

一から作り上げなくてはならない自分の境遇を

心の中で比較しました。

 

どちらが良いかは、時間が経たないとわかりませんが

よく私の人生について考察、吟味しながらこの答えを

追求いこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

(退職は一筋縄では進みませんでしたが・・・)